田尻代表 個別相談会

個別相談会

伊藤忠商事にて常務取締役(経営企画担当役員)など数々の役職を歴任し、その後デサント社長として、窮地にあった会社を見事復活させた、NPO法人新社会人養成塾BOOSTER代表の田尻邦夫氏(現株式会社デサント相談役)。
この田尻代表が、BOOSTERに参加している学生の皆さん向けに、特別に個別就活相談会を実施しています。

田尻氏は、一部上場企業の社長として、数多くの最終面接をこなしてきた他、それまでも新卒・中途採用含め相当数の面接をこなしてきた面接の大ベテラン。
また、各業界に深い人脈があり、深い知見・経験から繰り出されるアドバイスは大変定評があり、現在も多くのトップクラスの企業に対してアドバイスをしています。

学生がどのような質問をして田尻代表が答えたのか参考例としてお伝え致します。

個別相談会

コンサル業界は新卒で行かない方がよい。

Q.コンサル業界はどうでしょうか?(Aさん)
A.コンサルタントには直接行かずに、まずは社会でビジネス経験を積み、たとえば銀行などで金融を身につけ、MBA等を取ってからコンサルに行くと言うほうがよいと思うよ。コンサルに新卒で入っても、いずれ一回は外に出る必要がある。

業界・企業選びは自分がしたいことを中心に考えること。

Q. やりたいことと自分の才能がリンクするか分からないのですが。(Bさん)
A. 誰もわからないんじゃないの?やってみてだめだったらやめればいいし。

Q. どこか向いている業界ありますか?(Bさん)
A. それは逆で、自分がしたいことを中心に考えること。

Q. 会社訪問のたびに、はたして自分のやりたいことがここなのか不安になるが・・・(Cさん)
A. 自分も前の日まで商社にいくなんて1%も思ってなかった。当時今のような不況で、前の日に伊藤忠受けてみたらといわれて、受けてみたら受かってという格好 だった。今でもおそらく会社訪問してここだ!と思えるのはごく少数だろう。

Q. 学生が経営者目線で企業を見ることはできますか?(Cさん)
A. 学生が見ても絶対分からないと思う。会社は社長によって大きく変わるが、学生が社長に会うことはまずない。それが実現できているのがBOOSTER。でも 実際は社長を見ても学生では分からないと思う。ただし、こういうことはあると思う。その会社の雰囲気というのは社員に伝わっているので、何人かの社員 (OB)に会ううちに雰囲気が分かると思う。

Q. 仕事が違っていても一貫するものはありますか?(Gさん)
A. 仕事はスポーツ。勝つ為に練習もする。負けたら負けたで仕方ない。負けたことを考えるのではなく、次に勝つことを考える。仕事は死ぬ、生きるとは異なる。会社は失敗しても命までは取らない。「山より大きいイノシシはいない」。

その他の質問

Q. 人生の軸はなんですか?(Fさん)
A. 物事をマスコミの報道があっても、100%は信じない。何か裏があるんじゃないかなと考える。あまり物事に迎合したりは一切しない。

Q. 繊維の仕事は?どのような能力がいきるか?(Eさん)
A. 最近はアパレルだろう。昔のように糸というのは減ってきている。頭の切れはいらないけど、EQの高さが必要。

Q. 説明に足りなさを感じましたか?(Bさん)
A. 今日は30分あるけど、実際は時間はもっと短い。1人の持ち時間は最終になってくると5分くらい。おそらくある質問に応えるとなると1分くらいだろう。その時間内に自分をアピールする訓練は必要だろう。

Q. 自分はどういう風に見えますか?(Cさん)
A. 決め切れてない感じがする。抽象論が多い。ビジネスのこういうことを通して技術をトランスファーしたいといった具体的なことをいうことが大事。もう少し絞 り込むことが大事。総合商社と決めなくていいから、こういうところを自分は主として受けていますというのがいい。業界から絞る必要はない。

Q. 学生で絶対やっておくべきことはなんですか?(Dさん)
A.
まずは就職を決めることでしょう。そしてBOOSTER等を通じて視野を広げておいたらいいんじゃない?それから就活で読めなかった専門外の本をたくさん 読んでおくこと。歴史、哲学、文化なんでもよいが、ビジネス書はいらない。会社に入ればいやと言うほど読む。

Q. 同じ会社でずっと成長していきたいと考えていますが、いいでしょうか?(Dさん)
A. いいんじゃない。最初から転職を考える必要はない。

個別相談会

このページの一番上に戻る

Ferretアクセス解析